死亡保険金を受け取ったら、税金を支払わなくてはならないのですか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1579
  • ありがとう数:0

はじめに

死亡保険金を受け取ったら税金を支払わなくてはならないのでしょうか?

STEP1死亡保険金は、被保険者が死亡した時に受け取る

「保険金」です。
金額が大きいので、税金がいくらかかるか気になりますよね。

STEP2保険金の課税に関しては、

契約者(保険料負担者)と被保険者、
保険金受取人の関係が関わってきます。

例1)保険料の負担者(父) 被保険者(子) 保険金受取人(父)
の場合は、所得税がかかります。
例2)保険料の負担者(夫) 被保険者(夫) 保険金受取人(妻)
の場合は、相続税がかかります。
例3)保険料の負担者(父) 被保険者(子) 保険金受取人(母)
の場合は、贈与税がかかります。

STEP3一般的に保険料負担者=契約者ですが、

契約者とは別の人が保険料を負担していた場合は、
また話が違ってきます。

税金の種類によって控除額や税額が変わってきます。
保険に入る時は、将来保険金が支払われる時どんな税金が
かかるかも確認しておきましょう。

詳しくはこちらをご覧いただくか、税務署に確認しましょう。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ