車の運転前に、ルームミラーに向かってすることとは!?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ルームミラーを覗くと自分の顔がよりリアルに映る現象は、車を運転する人の多くが経験したことと思います。もちろん、ルームミラーは化粧直しのために使うものではありません。でも、せっかくですから、ルームミラーを覗いたとき「あること」をしてみませんか?
ここでは、気になる「あること」についてお話ししたいと思います。

STEP1

車のエンジンを掛けるまえに、イスやサイドミラー、ルームミラーの位置を自分に合わせて調整する必要がありますね。もちろん、自分専用車の場合はその必要がありませんが、家族と共用の場合、事故防止のためにも必ず行うことが大切です。

STEP2

ルームミラーは、運転中には自分でみられない後方確認のためにも大変重要な役割をもっています。運転席に座った状態で、ベストの角度に調整するようにしましょう。

STEP3

それと同時に、自分の心理状態がベストであるかどうかも確認しましょう。

具体的な方法は、ルームミラーに向かって「にこっ」と笑ってみることです。これは、簡単なようで、なかなか実行できないことです。気持ちが落ち込んでいるとき、特に「対人関係」で嫌な想いをしたときなど、そのままの心理状態をひきずらないためにも大切なことです。

まとめ

ルームミラーに向かって「にこっ」と笑いかけるだけでも、気持ちが明るくなります。

また、気持ちに余裕がないときは、自分でハンドルを握らないで、家族や友人に頼んで乗せてもらうことも大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

安全運転

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ