神への犠牲を信じる父の願い「サクリファイス」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:355
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
神への犠牲を信じる父の願い「サクリファイス」

言葉を話せなかった少年が話せるようになるまでの
1日を、少年の父の行動を通して描いた物語、
「サクリファイス」を見てみませんか?

映像もストーリーも幻想的なこの映画、見る人によって与えられるものが違います。

STEP1

スウェーデンの南、バルト海をのぞむゴトランド島で、誕生日を迎えたアレクサンデル(エルランド・ヨセフソン)が息子の少年(トミー・チェルクヴィスト)と枯れた松の木を植えています。

かつて「白痴」のムイシキン公爵の役で大成功をおさめたことのある名優だったアレクサンデルは、今は評論家と大学教授として島で静かに暮らしていました。彼は、「昔、師の命を守って、若い僧が3年間水をやり続けると枯木が甦った」という伝説を子供に語ります。

STEP2

そこに、郵便配達夫のオットー(アラン・エドヴァル)が祝電をもってやって来ました。

無神論者のアレクサンデルに、オットーはニーチェの永却回帰の話を持ち出します。喉の手術をしたばかりの少年は、言葉を出せないでいました。

親友の医師ヴィクトル(スヴェン・ヴォルテル)を案内して、妻のアデライデ(スーザン・フリートウッド)がやって来ますが、アレクサンデルは子供との散歩を続け独白をくり返します。妻は、舞台の名声を捨てた夫に不満をもっていました。そんな夫婦に、娘のマルタ(フィリッパ・フランセン)も、小間使のジュリア(ヴァレリー・メレッス)も、魔女と噂される召使いのマリア(グドルン・ギスラドッティル)も慣れていました。

STEP3

急に姿が見えなくなった子供を探していたアレクサンデルは、突然失神します。そして、白夜の戸外で彼は自分の家とそっくりな小さな家を見つけます。通りかかったマリアが、自分で作ったのだと話します。子供は2階で眠っていました。アレクサンデルが階下へ降りると、テレビでは核戦争の非常事態発生の知らせを報じながら、途中で切れてしまいました。

そんな頃、いつも自分の願望とは逆な結果に終わってきたと嘆くアデライデは、子供に気を使う小間使のジュリアを感謝の気持ちで抱き寄せるのでした。

STEP4

アレクサンデルは、ヴィクトルのカバンの中にピストルを見つけます。隣室ではヴィクトルを誘って服を脱ぐマルタがおり、アレクサンデルの口から初めて神への願いが発せられます。彼は、「愛する人々を救って下さい。家も、家族も、子供も、言葉もすべて捨てます」と誓うのでした。

ソファーに眠り込んだアレクサンデルをオットーが起こしに来て、「マリアの家に行き、愛しなさい」と言います。マリアを訪れたアレクサンデルは、彼女に母の思い出を話し、抱き合います。

翌朝目覚めたアレクサンデルは、光の中で神との契約を守るべく、自らを犠牲に捧げる儀式をはじめるのでした…。

まとめ

監督は、アンドレイ・タルコフスキー。
1986年制作のフランス・スウェーデン合作映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

サクリファイス

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ