宗教によって違う葬儀のマナー~キリスト教の場合~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:281
  • ありがとう数:0

はじめに

仏式の多い日本では、キリスト教のマナーはあまりなじみがないかもしれません。

STEP1

不祝儀袋ですが、キリスト教は「お花料」と書いてある封筒を使います。

STEP2キリスト教では「献花」をします。

献花の仕方は、祭壇の前で献花を受け取り前方にある献花台に進み、
お花の方を手前にして花を捧げます。
ここで短く黙祷をしますが、十字を切るところとそうでないところが
ありますので、他の方のやり方を見ておきましょう。
お祈りの仕方は、手を組んでも手を合わせてもどちらでも構いません。

STEP3お悔やみの言葉ですが、キリスト教は仏教と死者に対する

考え方が違うので、「御愁傷さま」や「御冥福」は使わず、
「お知らせいただきまして、ありがとうございました」
と伝えておけばよいでしょう。

まとめ

分からないことは、葬儀社の方や神父さんなどに事前に確認しておきましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ