宗教によって違う葬儀のマナー~仏教は宗派にも注意~

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

日本のお葬式の約95%は仏式です。仏式でも宗派によって違いがあるんです。

STEP1

まず不祝儀袋ですが、宗派を問わず「御霊前」なら問題ありません。
蓮の花の図柄が入っているものは仏式用なので問題ないですが、
できれば無地のものを用意するとよいでしょう。

STEP2お悔やみの言葉ですが、

「御愁傷様です」「御冥福をお祈りいたします」が一般的。
彼岸・冥福・御供養などは仏教言葉なので他の宗教の場合は注意しましょう。

STEP3一番悩むのがお焼香。

正式な方法は宗派によって違います。
「浄土宗」は焼香1回。
「真言宗」は焼香3回、これは身・口・意の三業を清めるという意味があります。
「曹洞宗」は焼香2回。
「真宗大谷派」は焼香2回。
「浄土真宗本願寺派」焼香1回。
など、線香の本数やあげ方にも違いがあります。
分からなければ、親族の方のやり方をまねるか、葬儀社の方に聞きましょう。

まとめ

何より大切なのは心を込めることです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ