50歳でリタイアする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

多くの人は早期リタイアの方法を探しますが、失敗するケースが大半です。理由は、リタイア後の生活ができる十分な貯蓄がないからです。
以下のステップで、62歳や65歳、はたまた70歳まで働くことなく、50歳でリタイアし、早期に人生を楽しむことを達成しやすくする方法をお教えします。

STEP1

支出を見直しましょう。倹約し、貯蓄をしましょう。ぎりぎりの予算で生活することができれば、個人年金や401K、投資や定期預金などに十分貯蓄ができるかもしれません。たとえば、乾燥機を使わずに、洗濯物を干して乾かせば、洗濯物の量によっては1か月で$30ほど節約できるかもしれません。

STEP2

家や、質の良い安い車を購入する事以外でローンを組むのは避けましょう。債務を早く減らし、そのお金を貯蓄に回しましょう。銀行預金や投資に回したお金はすぐに殖えます。ローンは、利息と延滞料で50倍ものコストがかかる可能性があり、命取りです。

STEP3

賢く投資しましょう。経済が安定していれば、会社の401Kを利用したり、個人年金の積み立てをはじめたり、その他の投資を行ってみましょう。早い時期から貯蓄を始めましょう。たとえ30歳からでも、50歳でリタイアするのに十分な金額を貯められる可能性はあります。

STEP4

リタイアのために必要なものを明らかにしましょう。各種サイトなどで、毎月の生活や、旅行もしくは毎日ゴルフをするといった娯楽のために何が必要かどうかを理解しましょう。

STEP5

毎月貯蓄をしましょう。支払いを半分に減らします。1ガロンの牛乳を買うために、店まで車を使っている場合、もしそれほど遠くなければ自転車を利用したり、歩いてみましょう。週の食料リストを作り、買い物に行き、リストに載っているものだけ購入しましょう。おなかがすいているときに店に行ってはいけません。予算より多く使ってしまうからです。予算を堅く守り、残ったら銀行に入れましょう。

STEP6

たとえ会社をくびになったり、怪我や、倒産などで仕事を失っても、できる限り貯蓄をしましょう。難しいことかもしれませんが、たとえ数ドルでも月に残せば、リタイア用の資産を形成することができます。ビンにコインを貯めることからでも始めることができます。コインをすべてビンに入れ、資産を増やしましょう。どんな小さなことも助けとなります。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ