切り花を元気にする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

大切なお花を、長く飾ってあげられる方法です。

STEP1切り花を長持ちさせるためには、

・水をこまめに取りかえる。
・余分な葉は取り除く。
・直射日光、エアコンの風にあてない。
・葉っぱに時々、霧吹きをする。

ことを心がけましょう。

STEP2☆水揚げの方法

花の切り口を、たっぷりの水につけたまま、端から2~3cmの
ところを、斜めに切ります。
一度、いけた花でも、飾っている間に、もう一度水切りすると、
再び元気になります。

ほとんどの花が、この方法でだいじょうぶです。

STEP3☆湯揚げの方法

水切りした後、花に湯気が当たらないように新聞紙で包み、
切り口から2~3cmを、熱湯に約5秒入れます。
引き上げたら、すぐに冷水に。
そのまま、1時間ほどつけておきます。

まとめ

湯揚げは、水の上がりにくいバラなどに向いています。 ただし、チューリップ、ユリ、かすみ草、ガーベラなど、 むいてない花もあるので、ご注意を。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

花 花瓶 新聞紙 水 お湯 よく切れるはさみなど

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ