芽の生えたじゃがいもを食べても安全?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

芽が成長したじゃがいもを食べるのは安全かどうかという心配はつきものです。これは俗説か真実かという質問はよくあることです。しかし、芽は比較的無害だと考えている人もいます。じゃがいも愛好者はこういったじゃがいもを避けることをアドバイスするでしょう。

STEP1意味

じゃがいもの芽の存在は、表面の変化以上の意味があります。芽とじゃがいもの固さは、それを食べることに関することに注意を払う大きな意味を持っています。芽は、じゃがいもの中ででんぷんが糖に変わったことを意味します。食べても大丈夫かどうか固さを確認しましょう。もし柔らかいなら栄養分を失くしていますし、食べ
るのに安全だとはもはやいえません。

STEP2考察

じゃがいもが緑または緑色っぽいときには、良くない状態にさらされているといえます。ソラニンというアルカロイドの生成によりじゃがいもの色を変えてしまいます。緑のじゃがいもの皮は毒があるので、食べる前に剥いてしまうことをお勧めします。

STEP3間違った考え

柔らかかったりシワのあるじゃがいもは食用として安全ではないという事実にも関わらず、芽のある全てのじゃがいもを捨てるべきではありません。じゃがいもに芽があれば、固さの程度を確認すべきです。前に述べたとおり、柔らかいじゃがいもは良くありませんし捨てるべきですが、しわがなく固さがあるじゃがいもはその栄養
の大半をまだ保持しているでしょう。こういったものは食べるのに適しています。

STEP4予防/解決

じゃがいもの芽を避ける3つの方法があります。湿気の多いところで保存しないことです。湿気は芽を確実に成長させます。じゃがいもはある程度通気の良いところで保存するべきです。そして、温度をしっかり確認しましょう。10度以上のところではじゃがいもの芽は育つでしょう。

STEP5警告

緑色で悪くなったじゃがいもやその芽を食べることは、命に関わることではありません。しかしナス科の食物であるじゃがいもは、芽の生えた状態だと少し毒性があるといえます。影響がそれほど深刻ではないけれど、じゃがいもの緑の部分を食べたり生のじゃがいもを食べると胃の不調や消化管の問題を引き起こす可能性がありま
す。その度合いはどれくらいのじゃがいもを食べたかという点とどの程度じゃがいもが緑だったか、あるいは生だったかということにより決まります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ