初心者向けバスフィッシングの釣り道具

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

老若男女楽しめるスポーツのひとつがバス釣りです。 池や河川、湖沼など多くの場所に生息するブラックバスをルアーという疑似餌を使い、釣り上げる・・・実に楽しいスポーツです。 そこで、今回はバス釣り初心者向けの釣り道具をご紹介します。

STEP1初心者のうちはまずスピニング・タックルを揃えるべきです。

なぜならばベイト・タックルだと少々キャスティングにコツがいるのでまずは釣り楽しさを覚えてから購入しても遅くはありません。

シマノのタックルで言えば アクシス・2581か2601+アルテグラ2500で、ワンピースが絶対だという人もいますが、シマノの場合最先端の竿継ぎ加工技術を誇るのでツーピースでも変わりませんので好みで選びましょう。

STEP2

ラインについては、人によってフロロだPEだと色々言う人がいますが、まずはトラブルの少ないナイロンラインから始めるのがお勧めです。

基本的にラインは消耗品なのでこまめに変えながら色々試してみてください。太さは、昔は8ポンドで細いといわれていましたが、フロロ5ポンド(ナイロンだと6ポンドで同じ太さ)が標準になっています(さらに雑魚釣りの感覚が強くなっているので3ポンドを使う人も増えています)。

STEP3さらにルアーフィッシングをするのでルアーが必要になります。

近年一般的になったワーム(ソフトルアー)は“スライダー”のストレートワーと“ゲーリー・ヤマモト”のグラブ(共に4インチ)があればとりあえず飢えることはありません(釣れるということ)。

色はまず“パンプキン”と“スモーク”と“ウォーターメロン”があれば手堅いところです。これにフック(針)とシンカー(オモリ)などを用意します。詳細はシマノのHPを参考にしてください。

■シマノHP
URL:http://fishing.shimano.co.jp/

さらにハード・ルアーを揃えれば充分ですお勧めはラパラのミノーでF5~F9が最もよく釣れる上大型も狙えるのでお勧めです。

■ラパラHP
http://www.rapala.co.jp/

最初は黒金カラーを持っていれば間違いありません。ハードルアーは基本的には投げて巻くだけなので楽チンです。

あとは釣り場で「うまいな、あの人」と思う人を見かけたら積極的に声をかけて色々教わっちゃいましょう。

本当にうまい人なら気持ちよく色々教えてもらえます。「釣りの友達は釣り場で作る」が基本です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ