敬語の種類と使い方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1227
  • ありがとう数:0

はじめに

正しい敬語を使い、正しい日本語を話しましょう。

STEP1尊敬語

相手側の動作や状態、物事などに関して、相手側の位を高めて述べるもの
例)おっしゃる、いらっしゃる、貴社など

STEP2譲語

自分側の動作や状態・物事などに関して位を低めて表現して、相手側を立てて述べるもの
例)申し上げる、お目にかかる、伺うなど

STEP3謙譲語2(丁重語)

自分側の動作や状態、物事などに関して、相手側に丁重に、また控えめに述べるもの
例)申す、参る、弊社など

STEP4寧語

相手側に対して、丁寧に述べるもの
例)「です」「ます」「ございます」など

STEP5美化語

物事を、美化して述べるもの(「お」「ご」を付ける)
例)お魚とお野菜、ご飯、お酒など。

まとめ

心を込めて話す

関連するタグ

必要なもの

正しい日本語

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ