手早くまたは作りおきできる朝ごはん

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:0
  • ありがとう数:0

はじめに

朝の時間って貴重ですよね。 出かける準備に忙しいのにご飯まで作らないとならなくなると大変です。 そこで今回は、前夜に下準備しておけるもの、作り置きのきくもの、手早くできるものをポイントに手早く作れる朝ごはんをご紹介します。

STEP1まず、前夜に下準備しておけるものをご紹介します。

まず、一番豪華な日本食として「鯛めし」をご紹介します。

炊飯器に入るサイズの鯛にたっぷりの塩をして前夜に焼いておきます。お米もといでざるにあげておきます。よりおいしく作るには鰹出汁もとっておきます。

そして朝にお米を入れ、分量の水または出汁をいれ、その上に焼いた鯛を乗せ、普通にご飯をたきます。

お好みによっては醤油などを少し入れてから炊いた方が香ばしいです。

その他、炊き込みごはんも同様で具を煮付けておいたものを、出来上がってるごはんとまぜ、お酒などを少々加え、ラップして電子レンジでチンするだけです。

STEP2次に作り置きのきくもののご紹介です。


煮物が中心になりますが、キンピラ、にっころがし、ひじき、切干大根、ゼンマイなどは、1週間程度持ちます。

また、干椎茸などはとめてもどし、煮ておきますと、他の料理をする時の基本材料、出汁としても使えます。

さらに酢の物用に、砂糖、酒、酢、塩(塩のみ少なめ)を煮て作り置きしておきますと、いろんな酢の物つくるのに便利です。三杯酢にしたいときは少し醤油を加えればOKです。

また、お醤油とお酒を使って鰹だしをとりますと、薄めるだけでお吸い物や麺類のおつゆ、野菜の煮物に使える保存用調味料になります。

注意点としてだし汁をとるときは、大量に濃い目にとって、冷凍しておくと、そのアイス・キューブを湯の中で溶かすだけで、すぐに味噌汁などができます。

STEP3最後に手早くできるもののご紹介です。

野菜系では電子レンジ利用が一番ですね。

おひたしは1~2分でできます。洗った葉菜類を水をきらずにラップ(平たく)して、レンジすると簡単です。

根菜を煮るときも、あらかじめレンジしておくと、時間もとても少なくてすみます。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

ページ先頭へ