手紙の書き方の基本

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:575
  • ありがとう数:0

はじめに

手紙の書き方において、基本的なマナー

STEP1前文

主文に入る前の挨拶などの書き出しの部分。「拝啓」などの頭語や時候の挨拶、相手の健康を尋ねたり共に喜んだりする安否の言葉、こちらの近況や安否を伝える言葉、お世話になったお礼やご無沙汰のおわびなどの言葉が入ります。

頭語は、最初の行に字下げしないで書きます。時候の挨拶は頭語のあとに、句読点を打たずに一字あけて続けるか、または改行して書きます。

STEP2主文

本題、一番の用件となる部分です。「先日の件ですが」「さて」「このたびは」などの書き起こしの言葉から本題に入ることが多いです。
改行して一字下げて書き始めるのが一般的。

STEP3末文

手紙を終える結びの部分です。「敬具」や「かしこ」など、相手の健康を祈る言葉や今後のお付き合いを願う言葉などの結語が含まれます。結語は、末文の最後の行の下に書きます。

STEP4後付け

日付、署名、宛名や脇付、副文・添え文などが後付けに入ります。日付は手紙を書いた年月日、署名は手紙を書いた人・差出人の名前、宛名は手紙の受取人の名前を記します。

まとめ

感謝の気持ちをこめて、手紙を書きましょう。

関連するタグ

必要なもの

封筒 便箋 黒ペン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ