使い捨てライターの正しい処理法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:766
  • ありがとう数:0

はじめに

喫煙者のいる家庭(部屋)では、気がつくと使い捨てライターが室内のあちらこちらに置かれている時があります。そして、火が点くものがあったりなかったりごちゃ混ぜになってよくわからなくなっていることもあります。かといって、処理しようにもどうすればいいかわからなかったりもします。そんな使い捨てライターの正しい捨て方を紹介します。

STEP1

使い捨てライターは、ガスが残ったままゴミに出してしまうと、ゴミ収集車や処理施設の火災の原因になってしまいます。また、自分の家のゴミ箱に入れたままの状態も、とても危険です。ライターを捨てる時は『中のガスを完全に抜く』ということが大切です。

STEP2

ガスを抜いたライターは、資源ゴミ、燃えないゴミなど、どのゴミとして出せばいいか迷ったことはありませんか?ライターの処分方法は自治体によって異なりるようです。燃えるゴミとして扱うところもあれば、燃えないゴミとして扱うところもあります。なので、分別の種類が分からない時は、住んでいる地域の自治体のサイトなどで確認するようにしましょう。

STEP3

ガス抜き作業についてですが、『必ず屋外で』よるようにし、『直射日光が当たらない、風通しが良くて火の気や可燃物がない場所』であることを確認しましょう。それから、ガスを吸い込んでしまわないように、子供が近づかないように注意が必要です。

STEP4<ガス抜きの手順>

用意するのは、セロハンテープなど、貼って剥がせるタイプの粘着テープです。

①着火レバーを押したままにして火を吹き消し、火が消えてもレバーを押さえたままにする。
②火が消えたことを確認したら、レバーが元に戻らないようセロハンテープでしっかりと固定する。
③そのままの状態で2時間ほど置いておく。
④2時間経ったら風上に移動し、テープを外してレバーを数回押して火が付かなければガス抜き完了です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ