そもそも「クラウド」とは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

最近、「クラウド」という言葉が、Webサービスのひとつとして、注目されています。

STEP1

「クラウド」という言葉は、クラウドコンピューティング(英: cloud computing)の略で、ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態のことです。

ユーザーは、提供する側がコンピュータ処理したものを、ネットワーク経由で、サービスとして利用することになります。

STEP2

「クラウド」(雲)は、ネットワーク(通常はインターネット)を表しています。

従来より、「コンピュータシステムのイメージ図」を描く場合、ネットワークを雲の図で表す場合が多く、それが由来とも言われています。

STEP3

従来、コンピュータを利用する場合には、ユーザー(企業、個人など)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データなどを、自分自身で保有・管理します。

それに対し、クラウドコンピューティングでは、「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になります。

具体的には、「Google」が提供する「Gmail」や、ASPサービス、レンタルサーバなどが、その範ちゅうに含まれます。

まとめ

文字通り、提供されるサービスは、「雲」の彼方で用意され、ユーザーはただ利用するだけ。 といえば、楽のようですが、そのサービスが停止した場合、完全に状況は「無」となります。 インターネットは、そのようなもの。 そう理解しておかないと、いけないのでしょうね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

最低限の接続環境(パーソナルコンピュータや携帯情報端末などのクライアント、その上で動くブラウザ、インターネット接続環境など)のみであり、加えてクラウドサービス利用料金。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ