親子愛を喪失した三姉妹のトラウマ脱出「美しき運命の傷痕」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:459
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
親子愛を喪失した三姉妹のトラウマ脱出「美しき運命の傷痕」

過去の不幸な出来事で父親を失った三姉妹が、
愛の地獄でさ迷いながら運命を受け入れて
再生する姿が描かれた映画、
「美しき運命の傷痕」
を見てみませんか?

愛のトラウマにはまり込んだ姉妹たちが、やがて自分たちの愛を取り戻していく過程が映し出されています。

STEP1

長女ソフィ(エマニュエル・ベアール)、次女セリーヌ(カリン・ヴィアール)、三女アンヌ(マリー・ジラン)の三姉妹は、22年前に起きた悲劇によって父親を失っていました。

そして現在、ソフィは夫の浮気に悩む、セリーヌは身体の不自由な母の面倒をみながら孤独な日々を重ね、アンヌは年の離れた大学教授フレデリックと不倫関係を結ぶ生活にそれぞれ悩み苦しみ続けていました。そしてその悲劇は、彼女たち自身が思う以上に、彼女たちの人生に強い影響を及ぼしていたのです。

STEP2

ソフィは、夫と愛人をホテルまで尾行して、嫉妬に身もだえます。アンヌはフレデリックから突然に別れを告げられ、訪れた産婦人科で彼の急死を伝える新聞記事を読み、悲しみに震えました。

そしてある朝、セリーヌは見ず知らずの男に通りで話しかけられますが、男を振り切って家へと急いで逃げるのでした。22年前、教師をしていた父親と全裸の男子生徒が研究室で一
緒にいるところを、母(キャロル・ブーケ)とセリーヌは目撃してしまいました。告発された父親は、刑務所送りとなったのです。

STEP3

出所して家へ戻って来た父を母は中に入れず、父は自殺したのでした。そして、セリーヌに声をかけてきた男こそ、22年前にあの現場にいたあの少年、セバスチャンでした。

その夜、家の向かいのカフェにセバスチャンの姿を見つけたセリーヌは、彼に話しかけます。彼は、彼女に詩を詠みます。そのとき、孤独だったセリーヌの心にかすかな変化が起こり、恋の兆しを感じ始めました。

別の日、セバスチャンはセリーヌを訪ね、あの事件について告白しようとします。それは、彼女たちにとって思いもよらない真実でした…。

まとめ

監督は、ダニス・タノヴィッチ。
2005年制作のフランス・イタリア・ベルギー・日本合作映画です。

必要なもの

美しき運命の傷痕

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ