計算に指を使う子どもへの教え方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:901
  • ありがとう数:0

はじめに

小学生の子どもが計算に指を使っていると、親としては不安になります。どう対処していけば良いのでしょうか。

STEP1

数の概念には、大きく分けて2つの種類があります。1年生では、この2つの両方を習います。

1つは、順序を表す数です。3番目、とか3番の2つ後ろ、とかいう概念です。こちらは、指を使ってもかまいません。例えば、日数を数えたりするときに、大人でも指を使いますね。

もう一つは量を表す数です。3個とか5人とかの概念です。こちらは指を使ってはいけません。なぜなら、指を使うと、数の合成や分解が(たしざん・ひきざん)理解しにくくなるからです。指を一つずつ折っていかないとできないようだと、例えば11ー4=3などという間違いをします。大人はこちらで指を使うことは絶対にしません。

STEP2

計算に指を使うのは、数の合成(特に補数)の概念が未熟な場合です。
数というのは、10進数ですから、私たちは自然と、5と10を基準にものを考えるようになっています。暗算をしているときのことを思い出すとよく分かるでしょう。そして、その時に使っている概念が、補数なのです。例えば、7という数はあと3で10だな、という概念です。
ここを鍛えれば、指を使うことは自然と無くなります。

STEP3・10の補数を答えさせる

第一のパターン
7といくつで10?
4といくつで10?
第二のパターン
10は3といくつ?
10は9といくつ?

もし、これが難しいようでしたら、5の補数から入ってください。
2といくつで5?
5は1といくつ?
5は片手の指で数えられますから、カンニングがしやすいのです。でも、カンニングして構いません。5までの補数なら、一日10分で数日やれば完璧になります。

この補数の概念がきちんと身につけば、一桁の足し算・引き算で指を使うことはなくなります。また、繰り上がり・繰り下がりの理解も早くなります。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ