自分に合った枕の選び方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

自分に合った枕、なかなかめぐり合えない・・・といった方におススメの枕の選ぶときのポイントをまとめてみました。
今日から快適睡眠ライフを・・・

STEP11、高さ

頭が沈みこんだとき、頭や首に負担がかからないこと。

あごが上がったり、逆に沈み込んでしまう枕は、あご、首、肩に余分な負担がかかり、いびきや肩こりの原因になります。

STEP22、硬さ

寝返りがうちやすいかどうか。

人は、一晩に20回以上寝返りを打ちます。寝返りのときに、枕がやわらかすぎると頭が沈みこんで寝返りを打ちにくく、硬すぎると接触面が少ないので、首が安定せず、体に負担がかかってしまいます。

STEP33、大きさ

寝返りを打っても頭が落ちず、肩先までしっかりと支えるサイズが◎。

枕は首まで支えるものです。頭だけをのせるのではなく、枕に肩口が当たるくらいまで首ものせるのが正しい当て方です。

STEP44、素材

通気性が良く、熱がこもらないものを。

おすすめ素材
①低反発ウレタン(やわらかめ)
 クッション性に優れていて、心地よいフィット感。
②パイプ材(ややかため)
 ソフトな感触で、通気性に優れています。
 虫やホコリがつかず、丸洗い出来きるのが特徴です。
③そば殻(かため)
 放熱性に優れています。
 こまめに日干しし、湿気を取り除く必要があります。
 

まとめ

高さ、かたさ、大きさ、素材のチェックをして、正しい当て方で快適な睡眠ライフを送りましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ