脱北した男の悲劇と復讐「タイフーン」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:248
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
脱北した男の悲劇と復讐「タイフーン」

南北両朝鮮に復讐すべくテロを企てる一人の海賊と、
それを阻むべく韓国国家情報院から密命を受けた
海軍大尉が、各々の目的に向かって苦闘する映画、
「タイフーン」を見てみませんか?

激しいアクションシーンの連続の後、ホロリと涙が出ます。

STEP1

海賊であるシン(チャン・ドンゴン)は韓国沿岸を航行する米軍船舶を襲撃し、核ミサイルの誘導装置を強奪しました。米軍は韓国政府にこの事件を黙認するよう迫りますが、海軍大尉カン・セジョン(イ・ジョンジェ)は韓国情報院の密命を受け、シン一味を追うようになりました。

シンはロシアと取引し、誘導装置と引き換えに核物質を手に入れようとしていました。シンが20年前の脱北家族の一員である事をつかんだセジョンは、シンの姉・ミョンジュ(イ・ミヨン)と接触します。彼女は幼い頃にシンと生き別れになり、ウラジオストクで売春斡旋業者に監禁されていたのです。重度のアヘン中毒に冒され余命幾許も無いミョンジュから、セジョンはシンの真の目的を聞き出します。

STEP2

それは、20年前に脱北したシンの親兄弟一族の亡命を受け入れずに北へ送還しようとし、逃亡を図った一族を虐殺した韓国と北朝鮮への復讐でした。

ミョンジュは自分が首謀者の汚名を被る事と引き換えにシンの免責を約束させ、シンと接触する為の囮になる事を承諾します。彼女は、シンが脱北時に書いた手紙を持っていました。これを見せれば、シンはセジョンを信用するだろうと言うのでした。

シンとミョンジュは20年ぶりの再会を果たしますが、情報院はミョンジュとの約束を破りシンを襲撃しました。苦渋しつつも任務を全うしようとするセジョンでしたが、シンは逃げ切りました。

STEP3

情報院は、シン一味が核物質を朝鮮半島にバラ撒こうとしているという情報を掴みます。

その頃、朝鮮半島には双子の巨大台風が近づいていました。大型貨物船で、台風の目に向かうシン。在韓米軍は韓国政府に事の静観を命令してきました。セジョンは独断で行動を起こし、戦闘ヘリでシンを追います。

シンは、大量の大型風船に時限爆弾を搭載した核物質を乗せます。シンの船に潜入したセジョンは銃撃戦の末にシンを殺して風船爆弾の発射を食い止めましたが、シンは死に際に一つだけ風船爆弾を発射させました。ところが、韓国上空にたどり着いた風船は爆発しませんでした。シンが、時限装置のスイッチを入れなかったのです。

海に沈みながらシンは、脱北を果たし再び北へ送り返されるまでの唯一幸福だった1日を思い出します。韓国の子供たちに向けて、幼いシンとミョンジュ姉弟は「友達になってください」と手紙を書いたのでした。

まとめ

監督は、クァク・キョンテク。
2005年制作の韓国映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

タイフーン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ