象を奪い返すために闘うムエタイ青年「トム・ヤム・クン!」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:381
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
象を奪い返すために闘うムエタイ青年「トム・ヤム・クン!」

密輸組織に誘拐された愛する象を取り戻すため、
単身オーストラリアに乗り込んだムエタイ青年の
活躍を描いた映画、「トム・ヤム・クン!」を
見てみませんか?

スタントなしの迫力あるアクションに手を握り、古典的なギャグに笑いがこぼれます。

STEP1

タイ東部の村。そこでは最強のムエタイ兵士の末裔たちが、王に献上する象を育てながら穏やかに暮らしていました。

ある日、象を密猟しようと村に現れた動物密輸組織が、2頭の象を奪い去っていきます。家族同然に愛する象たちを取り戻すため、青年カーム(トニー・ジャー)は組織のアジトに乗り込みます。

しかし、象たちはジョニーというベトナム人によってオーストラリアへ密輸されてしまった後でした。カームは単身オーストラリアに向かい、ジョニーが経営するレストラン「トム・ヤム・クン」へ向かいます。

STEP2

ところが、レストランに行く途中でなぜか警察から命を狙われたカーム。彼は、タイ人のマーク巡査に助けられます。カームはジョニーを探し出しますが、町中から集まった彼の部下に阻まれて逃げられてしまいます。

タイ人女性プラと出会い、彼女の世話になるカーム。一方、ジョニーは希少動物の密輸を資金源とするチャイニーズ・マフィアのマダム・ローズと接触していました。マフィアを牛耳るため、ボスと警察本部長を手下に殺害させた彼女は、マーク巡査を犯人に仕立てて監禁します。

STEP3

さらに、二人の殺害を撮影したビデオを偶然手に入れてしまったプラも命を狙われるようになりました。プラから「トム・ヤム・クン」の秘密を聞いたカームは、レストランに殴りこみに走ります。レストランの秘密とは、希少動物を食材とするもう一つのレストランの存在だったのです。

ジョニーとの壮絶な戦いの末に、ついに象と再会したカームは、マーク巡査と共に郊外のタイ寺院へと逃げ込みます。そかし、そこへも追っ手が迫るのでした…。切ないシーンも盛り込まれながら、それすら笑いに変えてしまうさわやかな映画です。

まとめ

監督は、プラッチャヤー・ピンゲーオ。
2005年制作のタイ映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

トム・ヤム・クン!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ