献血なう。献血の現状

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

高齢化がすすんで、 血液製剤の使用も増えているのに、 若い人の献血者が減っているそうです。 献血の現状について。

STEP1■国内で自給できてない

医療に使われている血液の一部は輸入に頼っています。
日本の人の病気の治療のために、
海外の人の血液をもらっている状態。
国内自給100%にするためにも、より多くの献血が必要です。

STEP2■冬~春は献血者が減少

血液が必要な量は年間ほぼ同じなのに、
冬~春は献血者が減ります。
なぜなら、風邪などで体調を崩すことが多いから…。

STEP3■成分献血も必要

血小板成分献血から得られる血小板製剤は
ガンや白血病などの治療に使われますが
有効期間が採血後4日しかありません。
日々の協力が必要です。

STEP4■献血ができなくても

貧血や持病などで献血ができなくても、
血液製剤を必要としている人が待っていること
献血者が減っていることを、周りに伝えるだけでも
献血推進の輪は広がります。

まとめ

献血できるのは健康の証でもありますよね。 献血行きましょう♪ 日本赤十字社のFreePaper 「献血walker」より抜粋しました。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ