出汁を取った後の活用法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お味噌汁に煮物など様々なものに使うかつおや昆布、いりこなどの出汁。お出汁にした後の活用法がわからず無駄に捨てたりしていませんか?

STEP1「昆布」

 昆布は冬季限定でおでんの具、細く刻んできんぴらに混ぜる、炊き込みご飯の具、野菜の煮物の時に角切りにして一緒に煮るなどに使ってみてください。柔らかく煮た昆布がお好きな方は、大根と昆布、三つ葉をおでん出汁のような味付けで。
 昆布といりこにニンジン、タマネギを加えてかき揚げにするのも方法のひとつ。

STEP2「煮干し」

煮干は甘辛く煮付けてお酒のおつまみやお茶漬けのときの具にしたり、レンジで乾燥させて粉状にしてストックしておいてチャーハンや炒め物の時に振り混ぜたり。
細かくパウダーにしてもお味噌汁などに入れると少しザラつきが気になるので、炒め物の味付けのほうが良さそうです。

STEP3「かつお」

カツオはふりかけ状の粉鰹にしておいてお好み焼やかき揚げなど粉のに混ぜ込んでしまいます。ダシを取った後の干しエビなんかもあるとより一層美味しいですよ。
他にも梅酢とあえて、おにぎりの具にしてしまうのもおいしいです。

まとめ

風味や旨味を出した後も美味しく頂いてみてくださいね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ