桜の種類

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お花見にちなんで、桜の種類をいくつかあげてみました♪ 桜にはたくさん種類があります。ちょっと知っているとお花見にもより深みが増して、楽しめるはず。

STEP1<染井吉野>

日本の代表的な桜です。自然に増えることがなく、人の手で増やされています。成長は早いのですが、寿命が短いのが残念なところ。
葉よりもまず、花が咲き、咲き始めは淡紅色の花ですが、満開になると、花の色が少し白くなります。

STEP2<山桜>

昔は桜と言えば山桜でした。百人一首などにも詠まれています。
花の色は、白色や淡紅色ですが、若葉と花が同時に出るので、染井吉野と見分けられます。寿命が長く大木になります。

STEP3<枝垂れ桜>

その名の通り、枝がやわらかく、枝垂れて咲く桜の総称で京都の名桜です。開花時期は4月で、淡紅色の花を咲かせますが、開花してから徐々に白くなります。同じく枝垂れて咲く桜で、花の色が少し濃い、紅枝垂れ桜もあります。

STEP4<彼岸桜>

桜の中で最も寿命が長いと言われ、大木になります。春のお彼岸の時期に咲くので、彼岸桜と呼ばれるそうです。淡紅色の花を咲かせます。3月14日の誕生花で、花言葉は、「心の平安」です。

まとめ

同じ桜でも、それぞれに歴史があり、調べてみると面白いものです。まだまだ種類はあるので、興味のある方は、是非調べてみてください♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ