国境を越えて呼び合う親子の絆「そして、私たちは愛に帰る」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:285
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
国境を越えて呼び合う親子の絆「そして、私たちは愛に帰る」

ドイツとトルコ、2000キロの距離を隔ててすれ違う
3組の親子が、悲しみを乗り越えて愛と希望を見出
すまでを描いた物語、
「そして、私たちは愛に帰る」を見てみませんか?

反発し合いながらも強い絆で結びついている親子の姿が、胸を打ちます。

STEP1

ドイツのブレーメンで、十数年前に妻を亡くしたトルコ出身のアリ(トゥンジェル・クルディズ)は、街角で出会った娼婦イェテル(ヌルセル・キョセ)に、手当てを払うから一緒に暮らして欲しいと申し入れます。トルコに残した娘を大学に通わせるために娼婦をしていたイェテルは、アリの申し出を受けました。

そこへ、アリの息子ネジャッド(バーキ・ダヴラク)が帰ってきて、金にものを言わせようとする父のやり方に反発。その一方で、娘を思うイェテルの愛情を知り、彼女との距離を縮めていくのでした。しかし、二人の関係を嫉妬したアリは激高し、怒りに任せてイェテルを殺めてしまいます。

STEP2

舞台はトルコに変わり、イェテルの葬儀に訪れたネジャッドは、彼女の娘アイテン(ヌルギュル・イェシルチャイ)を探すため、現地に留まることにします。しかし、政治活動によって当局に追われたアイテンは、ドイツへ逃亡していました。

彼女を助けたのが、ハンブルグの大学生ロッテ(パトリシア・ジオグロースカ)でした。反抗的な態度のアイテンは、保守的なロッテの母スザンヌ(ハンナ・シグラ)と衝突し、やがて不法滞在で逮捕されてしまいます。アイテンが強制送還され、トルコで投獄されると、激情に駆られたロッテは、スザンヌの反対を押し切り救出のためにトルコへ向かいます。そして、イスタンブールでネジャッドと知り合うのでした。

STEP3

何とかアイテンと面会し、彼女から秘密の依頼を受けるロッテ。しかし彼は、それが元で命を落としてしまいます。

悲しみに暮れるスザンヌは、遺品を引き取るためにトルコを訪れます。同じ頃、罪を償い出所したアリも強制送還され、トルコの空港に降り立ちます。人伝に父の帰郷を耳にしたネジャッド。スザンヌは刑務所に収監されたアイテンの元を訪れ、娘の願い通り彼女を助けたいと告げます。

心からスザンヌに詫びるアイテン。一方、父との間にしこりを残していたネジャッドも、スザンヌとの会話を通じてアリに会うことを決心するのでした。

まとめ

監督は、ファティ・アキン。
2007年制作のドイツ・トルコ合作映画です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

そして、私たちは愛に帰る

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ