洗濯物がふんわり仕上がるコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
思ったよりふわっと仕上がらない洗濯物。どこが問題なのでしょうか?

STEP1

柔軟剤を加えたのに、思ったよりふんわり感を感じないと思ったことはありませんか?
洗剤のほとんどがアルカリ性、柔軟剤は弱酸性です。一緒に入れてしまうと中和され、どちらも効果が弱まります。
柔軟剤の効果を最大限に引き出すためには、すすぎの最後に入れます。全自動洗濯機なら、かならず各指定場所に入れましょう。(洗剤と柔軟剤の投入位置は異なるはず)

STEP2

手洗いをする時は、すすぎの時にいれ2~3分つけ置きすると良いでしょう。柔軟剤は衣類の表面に膜を作り、摩擦を防ぎます。吸着は少し時間がかかるので、短時間のつけ置きは効果的。
ただし、一定量しか吸着できないので、柔軟剤を適量以上入れても効果は変わりません。

STEP3

また、所定位置に洗剤と柔軟ドラム式の洗濯機は、少量の水で洗濯物を叩きつけながら洗うので、繊維をつぶしてしまいがち。タオルは特にペタンコになりがちです。
干す前にタオルの繊維が起きるように3~4回バタバタと振ると、ふわっとボリュームがでた仕上がりになります。

まとめ

柔軟剤は陽イオン界面活性剤により、ふんわり仕上がります。他にも静電気防止効果や抗菌効果などもあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ