こんな先生に出会いたい ~奇跡の教室~ あの灘校の伝説授業

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「エチ先生と『銀の匙』の子どもたち・奇跡の教室・伝説の灘高国語教師・橋本式の流儀」は、型破りな授業で灘校を東大合格者日本一に導いた橋本先生のお話です。

STEP1考える、理解するということはどんなことなのだろう?

受験では早く、効率よく勉強をすることを考える。
けれども、本当の学力とはそれで身につくのだろうか?

そんなことを考えてしまいます。

STEP2灘校がまだ今のように全国区の有名進学校でなかった時代に、

文庫本「銀の匙」だけを3年間かけて教えるという
型破りな授業を行った、エチ先生こと橋本武先生。

本の中に駄菓子が出てくれば、実際にみんなでお菓子を食べる、
タコ揚げの場面があれば、実際にタコを作り揚げる。

今の学校でそんなことをすれば、すぐクレームがつくだろう。
けれどもそうやって学んだ生徒達の読解力は飛躍的に向上した。

STEP3横道にそれるのは、興味や関心を追求し伸ばすため。

実社会に出ても自分自身で切り開いていく力を得た子供たちは
今、各界の頂点にいます。

「エチ先生と『銀の匙』の子どもたち・奇跡の教室・伝説の灘高国語教師・橋本式の流儀」 著/伊藤氏貴 小学館 2010/11/29発売
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093881630

「銀の匙」著/中勘助 岩波文庫
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-310511-7

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ