上手な外食の仕方   ~アメリカ編~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:382
  • ありがとう数:0

はじめに

アメリカに住んでいたり、旅に来た際、ジャンクフードを食べる機会が半端なく多くないですか?様々な種類のヘルシー食材を食べる日本人としては、物足りなく感じますよね。外食の際はチョイスにさえ気をつければよい食生活ができるはずです。

STEP1メキシカン

最近はレストランまでいかない、ファストフード系だけれども食材もヘルシーでお手頃+便利なメキシカンチェーンが増えていますね。野菜とチキンなどを入れた一品はピザよりも食べ応えがあり、体にも良い気がしますね。

Qdoba、Chipotleなどでメキシカンガンボ(ブリトーボウル)はお勧めです。
子供にはケサディアにチキンとピーマン、玉ねぎなどを入れてもらうと◎。

http://www.qdoba.com/
http://www.chipotle.com/en-US/Default.aspx?type=default

STEP2スープ

体をあたため、たっぷり野菜をとれるスープは、大抵のレストランであります。子供にはチキンヌードルやミネストローネなどで野菜補給したいところですね。あわせてパンが選べる場合は、白パンよりもwheatパンなどに切り替えると、よりヘルシーになります。


体調が悪い時にも嬉しいスープ、お気に入りのカフェやレストランを見つけておけば、いざというときテイクアウトできます。

STEP3サラダ

サラダだけではお腹がすいてしまいそう・・・と思われる方もいるかもしれませんね。鶏肉やビーフサラダなどにするか、スープを合わせると栄養分も多く取れますね。ドレッシングはこってり系よりも、オリーブオイルとバルサミコ、レモン系のものにすると飽きずに食べられます。

オーガニックサラダバーやカフェはたくさんできてきていますので、ロケーションを検索してみましょう。

まとめ

モールのフードコートで済ませようという時でも、よいチョイスにすることで得した気分になれます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ