自分の勝手な理由だけでは離婚できない

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:517
  • ありがとう数:0

はじめに

自分の身勝手な理由だけでは離婚はできません。

結婚した以上、それ相当の理由か夫婦間の同意が必要です。

STEP1日本の法律は、離婚は夫婦の合意が前提です。

話がまとまらなければ裁判所が仲介し、それでもダメなら裁判で争います。
一方が「離婚したくない」という場合は、合意するのは困難です。
このような場合に離婚するには離婚訴訟を起こさなければなりません。
ただ、離婚訴訟で離婚が認められるには、次に挙げる離婚原因のいずれかが必要になります。

1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

STEP21の「不貞な行為」とは浮気や不倫のことです。

2の「悪意で遺棄」するというのは、生活費を渡さないなど、故意に相手を暮らしていけない状態することです。
5の「重大」とは下記のような例が挙げられます。

・夫が不能になった
・妻が不妊になった
・健康なのに3年以上セックスさせてくれない
・多額の借金をした
・暴力を振るわれた

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ