声がよくなりカラオケもうまくなる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:882
  • ありがとう数:0

はじめに

このレッスンを続けることで
無意識のうちに会話が腹式呼吸でできるようになります。
しかもよく通る響く声になりますので
カラオケもうまくなるというおまけつきです。
また、複式呼吸は体にたくさん息を入れるため
酸素をより多く取り入れることができるので
心肺機能も活発になり、脳への酸素供給も十分になります。

STEP1「ス」と発音します。

口だけ「ス」の形で息だけ出す「ス」です。

STEP2その「ス」を短く区切って

「スッ」「スッ」「スッ」と発声してください。
この発声をしている時に腹筋を触ります。
すると硬くなるのがわかると思います。
これが腹式呼吸の状態です。
腹筋を使ってお腹を凹ましながら
「スッ」「スッ」「スッ」と発声しましょう。

STEP3「スッ」のコツがわかってきたら

「ス」を「ア」に変えて発声します。
同じように腹筋を使いながら
「アッ」「アッ」「アッ」と発声します。
どんな言葉に変えても腹筋を使って
発声できるように練習してください。

STEP4それができるようになったら

「アッ」を「ありがとうございました」
に変えて発声してください。

まとめ

自宅で「ありがとうございました」を練習して
普段のあいさつでも腹式呼吸発声法を繰り返し
そのうち意識しなくても複式呼吸ができるようになるまで
続けてみることをお勧めします。
これで歌もうまくなります。
なお自宅でなかなか大きな声が出せないという方は
発声練習の際に「マスク」をかけたり
お風呂や車の中で行うといいでしょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ