<会話術>女性に絶対してはいけないこと!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:532
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by mr7110
あなたはもしかしたら
お笑い芸人のようにすべらない話をしたり
流れるような話術を身につけることが
女性にモテる会話術だと思っているかもしれません。
でも、そんな難しいテクニックは必要ないのです。
今回は「女性に絶対にしゃべってはいけないこと」をお教えします。

STEP1絶対やってはいけない会話、それは

・自慢
・批判
・うんちく

自慢話なんてしないよ、という方も
実は結構やってしまっているのです。
決められた時間内に自分をアピールするのに
最も手っとり早いのが「過去の栄光話」だからです。

自分は昔○○部に所属していた。
有名人の○○と知り合いだ。
○○賞をもらったことがある。
○○の資格を持っている。

STEP2手品の世界に「サーストンの法則」というのがあります。

アメリカの手品師サーストンの言葉で

1.これから実演する手品の内容を語ってはいけない
2.タネは絶対に明かさない
3.同じ舞台で同じ手品を何度もやってはいけない

という法則です。
これは恋愛にも当てはまる法則です。

STEP3女性はとにかくミステリアスな男性に興味を惹かれます。

手品でもタネを明かすとすぐ飽きられますよね?
でも明かさないでいるとずっと興味を惹かれたままです。
たとえ聞かれてもうまくはぐらかしてください。
魅力的な男性は自分の過去をしゃべりません。

STEP4逆におしゃべりな男はすぐに底が見えてしまい

女性に飽きられてしまうのです。
「今まで何人と付き合ったの?」
「どんなタイプが好き?」
あなたはうまくはぐらからますか?
モテない人に限ってペラペラ全部しゃべってしまうのです。
好きなタイプに至っては具体的なタレント名まで。

STEP5あなたの「過去」の話はあなたがしなくても大丈夫です。

あなたの口から語られるよりもっと効果的なのは
第3者を通じてその情報がもたらされることなのです。
たとえば、自分で「オレ空手有段者なんだよね」と言うよりも
友人から「知らなかったの? あいつ空手有段者だぜ」
と知らされるほうが情報の質がグッと高まります。

まとめ

「自分からアピールしなきゃわかってもらえないだろう」
という心配は無用です。
付き合いが長くなるほど相手に徐々にあなたの情報は
第3者によって効果的に提供されますから。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ