パセリに昆布…いろいろ入れて部分浴を楽しもう

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

手や足から体を温める「部分浴」ですが、ただのお湯にいろいろ入れるとグレードアップ。ユニークなものをご紹介します。

STEP1■パセリ湯

パセリ湯には、肌の水分量を増やす効果があります。
乾燥パセリをお茶パックに入れて、糸で縛ります(縛らないと中身が出ますので注意)。お湯に浮かべ、うっすら緑色になったら入りどき。手や足を20分ほど浸してみましょう。
生パセリを使う場合は、お茶パックを使わずそのまま入れてもOKです。

STEP2■カモミール湯

乾燥カモミールをお茶パックに入れて、パセリ同様糸で縛ります。こちらは香りがよいので、リラックス効果が抜群。手や足を20分ほど浸します。

STEP3■昆布湯

だし用の昆布を5cm角に切って、お湯に入れ、手や足を20分ほど浸します。肌水分量の増加、肌のキメを整える効果も期待できます。

STEP4■その他

みかんやグレープフルーツの皮、日本酒、セロリなども効果的です。
もちろんエッセンシャルオイルも効果的なので、お手持ちのものがあったらお試しください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ