病気の子どもを励ます「ビーズ・オブ・カレッジ」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

小児癌などで長い闘病生活を送る子どもを「ビーズ」で励ます、「ビーズ・オブ・カレッジ」をご紹介します。

STEP1

重い病気の治療は、検査、手術、輸血、化学療法…など心身の負担になりがちです。これらをひとつ経験するたびにビーズをひもに通して並べるのが「ビーズ・オブ・カレッジ」です。

2005年頃米国の医療機関ではじまり、日本には2009年に伝えられました。
日本に伝えたタイラー基金のサイトはこちら↓
http://www.tylershineon.org/ja/programs/shine-on-beads-courage/

STEP2

子どもが経験したことを形に残すことで、子ども自身が「これだけ頑張ってきた」と自信を持ったり、周囲の人が「これだけのことをやってきたんだ」と理解する手がかりになります。


具体的には、以下の効果があるとされています。

* 病気に対するストレスの軽減
* 治療に対する積極的で前向きな姿勢を身につける
* 病気に対する理解自分なりの意味を見つける
* 治療中周りから支援されている認識を高める
* 形あるもので子どもがたちが現在、そして過去の治療改定を語ることが出来る

STEP3

2011年春から、日本でも5カ所の病院が導入予定だそうです。
病院で導入されていない場合でも、複数種類のビーズを用意して、ご家庭で試してみてはいかがでしょうか。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ