化粧水上手になるための基本!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:318
  • ありがとう数:0

はじめに

乾燥によるカサカサ・ごわつき
気温の上昇にともなうべたつきや
毛穴の開きなどの肌悩み。少しのコツで
差が出てきます。

化粧水のお手入れ方法で見直しませんか~☆

STEP1 化粧水

コットン使用の場合
コットンは化粧水の含みが良いため、(*^_^*)全体に
ムラなく塗布できます

ポイント
正しい使用量で、(*^_^*)全体にやさしくなじませましょう
コットンに含ませる化粧水の量が少ないと、摩擦で肌に
負担をかけることになります

STEP2 化粧水

手のひらの場合
直接触れることで、肌の調子を確認できます
「かさついてる」と思った日は、丁寧な塗布を心がける

ポイント
目元・口元凹凸が多い部分は、指の腹を使ってなじませます
仕上げに手のひらで包み込むように、浸透させると◎。

手がまるで、肌から離れない、吸いつく感じになるまで、
浸透させると、音が変わってきます。

STEP3 正しいコットンの持ち方

① 人差し指と小指で挟むようにもちます

② コットンが安定し、細かい部分にも塗布しやすくなります。
 

まとめ

潤いを与え、次に使うエッセンスやクリームがなじみやすい
肌状態に整える役割を果たすため、少しのコツで違ってきます

◎洗顔後はすばやく化粧水で潤い補給する
 洗顔後、5分後には水分量が減少、つっぱり・トラブルの原因に。

◎丁寧に60秒間塗布することで、水分保持量up
 みずみずしい肌でいるために肌の内側にしっかり潤いを与え、
 仕上げにエッセンス・クリームで潤いにふたをすることが大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

化粧水 コットン エッセンス   クリーム

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ