呼吸器管を丈夫にする、その方法とは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
喘息など、呼吸器官が弱くて悩んでいる人は大勢います。
みなさん色々な方法で頑張っておられて、改善がみられた人も多くいます。

呼吸器官の改善方法のいくつかをご紹介します

STEP1【乾布摩擦】

柔らかめのタオルを使って、喉、首の後ろなど摩擦します。即効性がないので、続ける事が必要です。1ヵ月ほど続けてみると喉が強くなったことが実感できるでしょう。
何事も継続が大切なようです。

STEP2【湯に浸かっての深呼吸】

森林とか海辺でよく深呼吸する、この方法が一番効くのですが、それに近い効果を得られるのが、湯に浸かっての深呼吸です。
およそ10回から20回程度の深呼吸をします。お風呂に入るたびに毎回これをやるようになって半年ほどで効果がみられるようです。
しめった酸素を何回も取り入れることが良いようです。

STEP3【足のウォーキング】

呼吸器官を強くすると言うより気を整える事になりますが、早足のウォーキング(競歩)をするのも効果があります。
歩くテンポに呼吸を合わせていくと相応に強くなるでしょう。

馴れきたらジョギングに変えればいいのですが、、いきなりジョギングでムリは禁物です。

STEP4【スキンダイビング】

スキンダイビングも呼吸器官を強くするのに効果があります。素潜り専門でもいいでしょう。
スキンダイビングは、下手な呼吸法では深い所まで潜れません。呼吸と体肢の使い方は独特な物があります。

STEP5

呼吸器を丈夫にしたいときは、とにかく息を吐く練習が良いようです。

スポーツ吹き矢などもおススメです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ