高齢者が集まる場所、昔病院、今ゲームセンターといわれています。その実態とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3812
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki

昔の病院での待合室の会話「おい、今日は○○さん、来てないね?」「そだね。。。どっか具合でも悪いんじゃないの?」という状況でした。

ところが、現代は、病院の待合室に代わって、ゲームセンターだそうです。

その実態とは?

STEP1

ゲームセンターに老人が通う状況、わかります、わかります。
自由にあちらこちら旅行できるシニアたちはいいけれど、そうでない人たちが楽しむにはうってつけです。

暇つぶしにもなりますが、老化防止にもなるそうです。

★指先が動かすので、脳が悲劇されボケ防止になる。
★タイミングを読む目の動きが頭の回転に役立つ。
★若い人がゲームを教えてくれて楽しい。

など、効用はつきないようです。

STEP2

面白いのは、孤独な老人が行くのかと思ったら、子供や孫と遊びに来る人も結構いるそうです。

おじいさんが多いのかと、勝手に想像したら、結構おばあさんの多いとの事でした。

されに愉快なのは、この傾向に目をつけた店側が、老人ホームへ営業に行っているそうです。

STEP3

家でじっと寂しさをかこっているよりも、本人にとっても、家族にとっても喜ばしい現象といえます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ