twitterのビジネスへの活用する仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:675
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by arisacocco
twitterを少しでも、ビジネスに活かせないでしょーか(>_<)

STEP1☆顧客とのコミュニケーションに活用

企業も顧客も双方がフォローしあうことで、双方向の交流が可能となります。
フォローしている数と、フォローされている数が近い企業は、積極的に交流を心掛けている企業アカウントといえます。
具体的な例でいくと、
スターバックスは、顧客との直接コミュニケーションで、顧客との関係性を強化しました。また、Kマートは、顧客との直接コミュニケーションを図ったり、バーゲン情報の配信に活かしました。
また、ニューオーリンズにあるピザ屋さんは、お客様とのリアルタイムコミュニケーションツールとして、twitterを使い、賞味期限の近いピザの割引販売のようなリアルタイムで情報を届けたり、地域ニュースや、トリビアなどを加えて、ユーザと会話する事を心掛けて、売り上げを15%上げました。
ある航空会社では、Twitter管理者が、空港のカウンターに担当者が居ないことをツイートされたことを発見し、すぐに対応し、クレーム処理に心掛けています。

STEP2☆情報を配信する事に活用

企業がユーザーをフォローせずに、情報を提供していくやり方。
ある会社では、アウトレット商品情報を配信して、3億以上売り上げた。
目的別にアカウントを使い分けており、必要な情報を提供できるようにしている。

STEP3☆BOTを活かしたコミュニケーション方法

BOTとは自動返信機能で、ユーザーの一定の文法に従って、twitterアカウントに自動送信されるようになっている。
芸能人やゲームのキャラクターに主に使われている。

STEP4☆キャンペーンに活用

Twitterをキャンペーンの宣伝に活用し、集客や口コミ効果を計ろうとしている方法。ブログパーツと連動したり、映画の集客に使われている。

STEP5☆ブログと連動させて活用

社長のブログや、広報・リクルーティングが主に活用している。会社というよりも、個人的にキャラクター的存在となり、親しみを持ってもらうパターンです。

まとめ

なんといっても、一番の魅力は、twitterは無料ということとリアルタイムということです。コレを活かして、ビジネスに繋げていければ…

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ