今年の花粉症の特徴は、喉の異常といわれています。その対策とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1199
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
今年の花粉は、昨年の約10倍と予測されています。
花粉症の人にとっては、いよいよ厳しい季節となってきました。
今年の花粉症は、ノドのケアと乾燥対策が重要といわれています。

STEP1

今までの花粉症の人の症状としては、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水が主でした。

ところが今年の花粉は、アレルゲンである花粉がのどの粘膜に張り付いて炎症を起こし、のどの異常感、かゆみなどがあるのが特徴です。鼻づまりから、どうしても口呼吸になり、のどが乾燥状態になることが原因とされています。

さらに、花粉症を治療する抗アレルギー薬のなかに唾液の分泌を減少させてしまう物資が含まれていて、のどの乾燥をさらに悪化させてしまうのだそうです。

STEP2

殺菌や抗菌作用のあるだ液の分泌が減るということは、花粉症、のどの異常、細菌・ウィルスの感染など、負の連鎖となってしまいます。

そのような状況から、今年の花粉対策の重要なカギはのどを乾燥させないということなのですが、のどを乾燥させないためには、どのような事をすればいいのでしょうか。

【のどを乾燥なせない方法】
★マスクをする
★湯気を吸い込む
★空気清浄機・加湿器を使う
★こまめにのど飴を摂取することでも

以上が今年の花粉症の特徴である、のど異常を感じる症状への重要な対策です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ