【2020年○月○日は何曜日?】未来日の曜日を簡単に計算する方法!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1063
  • ありがとう数:0

はじめに

よく仕事などで先の予定をたてる時に、未来の特定の日が何曜日かなんて考え、カレンダーをひっくり返したり、手帖で調べたりしたことありませんか?
しかし、今日の年月日と曜日さえ分かれば、自分で簡単に曜日を計算することができるのです。

STEP1

まず計算の基本になるのは、1年365日が52週と余り1になるという事です。
つまり、基本的には翌年の同じ日は今の曜日の次の曜日になるのです。

STEP2

1年に満たない未来日を調べたい場合は、今日から調べたい日を出し、7で割れば出せます。
10年後などの場合も先程の基本を頼りに計算してください。

STEP3ただし気を付けなくてはいけないのがうるう年です。

4年に一度一年が365日ではなく366日あります。目安はオリンピックでオリンピックが開催された年がうるう年になります。

まとめ

コツさえつかめばさっと計算できます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ