初恋の相手は吸血鬼「ぼくのエリ 200歳の少女」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:333
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
初恋の相手は吸血鬼「ぼくのエリ 200歳の少女」

孤独な少年が1人の少女と出会い、
孤独と渇望を共有し始めた途端、
彼女の正体がヴァンパイアだったと知れる物語、
「ぼくのエリ 200歳の少女」を見てみませんか?

世界中で60以上もの賞を受賞したこの映画、繊細で詩情にあふれた作品です。

STEP1

ストックホルム郊外で、母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)。彼は、毎日学校で同級生からの苛めに遭っていました。大人たちはその事実に気付かず、助けてくれる友達もいませんでした。そんな彼は、いつも隠し持っているナイフで自宅の木を切りつけることにより、辛い思いを1人紛らわせていました。

そんなオスカーの前にある日、一人の少女が現れます。息も凍りつくような寒さの中、薄手のシャツ一枚で現れた少女は、オスカーの寂しい胸の内を見透かしたような言葉を残すのでした。

STEP2

その頃、町では凄惨な殺人事件が起きていました。何者かが喉を切り裂き、血を抜き取られて逆さ吊りにされた若者の死体が森で発見されたのです。

再び、オスカーの前に現れる少女。その表情はどことなく悲しげで、鼻を突く異臭を漂わせていました。エリ(リーナ・レアンデション)と名乗ったその少女は自分の誕生日を知らず、年齢も「だいたい12歳」と口をにごらせます。謎めいたエリでしたが、オスカーは彼女と接しているうちに、胸の高鳴りを覚えていきます。やがて2人は、夜毎モールス信号で寝室の壁越しに会話を始めます。

STEP3

エリとの出会いを通じて、強くなりたいと願うようになったオスカーは苛めっ子に逆襲、大怪我を負わせます。それに興奮したオスカーはエリに「血の契りを結ぼう」と親指をナイフで切ります。床に滴り落ちる真っ赤な血を目にしたエリは、獣のように四つん這いになり血を啜るのでした。エリは、200年もの間各地を転々として生き血を啜ってきたヴァンパイアだったのです。

正体を知られ、町にいられなくなるエリ。別れの言葉もなく彼女が去ったことで、オスカーは再び孤独に戻ります。やがて、失意のオスカーを人生最大の危機が襲うのでした…。

まとめ

監督は、トーマス・アルフレッドソン。
2008年制作のスウェーデン映画です。

必要なもの

ぼくのエリ 200歳の少女

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ