【雑学】お腹が鳴る

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1267
  • ありがとう数:0

はじめに

たまに、お腹がぐぅ~っと音が鳴ったりしませんか?
それが授業中であったり、仕事中であったり、会話中であったなら中々に恥ずかしいものです。
そのお腹の音を抑えるにはどうすればよいのでしょうか?
なぜお腹はなるのでしょうか?

では、その原因について見ていきましょう。

STEP1・なぜお腹が鳴るのか?

それはお腹の腸内を空気が移動しているからです。
腸内で気体が移動する際に、空気が振動して音が鳴るわけですが原因は大きく分けて2つあります。

1つは物の消化が活発なときに、腸がよく蠕動してその動きに音が発生する場合です。こちらはお腹がいっぱいのときに鳴ってしまう音ですね。健康的な証拠です。

2つ目はお腹が減っているとき、腸がいつでも物が入ってきてもいいように準備し、中々入ってこない場合に準備をといて収縮する際に空気が振動する場合です。こちらはお腹ぺこぺこになっているという意味ですね。

STEP2・お腹が鳴りそうになったとき

まずは深呼吸をします。
大きく息を吸い込んで姿勢をただし、下腹部、へその下の辺りに力を入れます。
それを数回繰り返すのです。

ステップ1にあるように、お腹の鳴る原因は腸内を空気が移動することでおこるので、深呼吸をし、お腹に力を入れることで腸内の空気の位置を一定にするのです。

他にも空気を飲み込むや、人差し指と親指の付け根近くにあるつぼを押すという手段もあります。
つぼを押すと腸の働きが抑制されることにより音が鳴りにくくなり、空気を飲み込むということは、胃に何かが入り、腸が勘違いをして動きが抑制するというものがあります。

STEP3・ガスを我慢する

ガスを我慢してお腹がなってしまうのは、生理現象なのでしかたありませんが、あまりガスを我慢せず、トイレや外に出たときなどにそっと出してしまいましょう。

ガスを我慢して音が鳴るのは恥ずかしいかもしれませんが、ガスの我慢はさすがに体によくないので、パンパンにお腹が張る前に出してしまいましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ