【電話に出たくない時に!】常に話中にできる「話し中モード」の設定方法!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:35162
  • ありがとう数:0

はじめに

どうしても何かの事情で電話に出たくないときってたまにあると思います。
しかし、そのまま着信を無視していると電話の呼び出しは鳴り続けるのでわざと居留守を使われていると相手に感づかれてしまうかもしれません。
そこで今回は話中意外でも話中に見せかけることができる技をご紹介します。

STEP1この技は留守転送サービスを使って常に話中に見せかけます。

この技を使っている最中は相手には何度電話をかけても呼び出し音が鳴らずに相手には話し中の音が鳴ります。これで、「ずっと電話してて電話に出られなかった」という言い訳が使
ちなみにこの方法が使えるのはドコモ携帯のみです。

STEP2

1.「転送電話サービス」に申込みをして下さい。このサービスは月額無料です。
2.話し中にしたい携帯電話から「1429」にダイヤル電話をします。
3.転送先電話番号の登録/変更の「3」を押します。
4.転送先リストの番号の「1」を押します。
5.転送先の電話番号を自分の電話番号に設定してください。
6.メインメニューに戻ります。
7.呼び出し時間の設定/変更の「1」を押します。
8.呼び出し時間を「0秒」に設定します。
9.メインメニューに戻ります。
10.ガイダンスの有/無設定の「0」を押します。
11.ガイダンスを無しに設定してください。
12.一度電話を切ります。
13.「1421」に電話をして、転送サービスを開始します。
これだけです。

STEP3

この方法は自分にかかってきた電話を自分に転送することになり、そのことにより、相手には話し中になってしというからくりです。
なお、1~12の作業は1度だけ行ってしまえば、2度目以降この手順は不要になります。
この「話し中モード」を止めて、元の着信ができる状態にしたい場合は、「1420」に電話をかけて停止させてください。

※この設定をするときは、簡易留守録の設定を解除しておいてください。場合によってはいきなり話中ではなく留守番電話になってしまいます。
※この設定時は、留守番電話サービスのご利用はできません。

まとめ

あまり長い時間話中になってしまうと、逆にどういう通話か疑われてしまいますのでご注意下さい。

必要なもの

ドコモ携帯

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ