長崎の鉄火巻は、赤と白を選べる

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:315
  • ありがとう数:0

はじめに

鉄火巻、といえば、まぐろ、と思っていませんか?

STEP1鉄火巻といえば、マグロのお刺身が入った海苔巻、ですよね。

でも、長崎に行ったときには、お気をつけください。
赤身ではなく、白身の鉄火巻、が、鉄火巻、なんです。

STEP2

もともとマグロやカジキなど赤身の魚の水揚げが少なかった長崎では、
ブリやハマチなど、コリコリとした歯ごたえのある魚が好まれてきた
地域です。

そこで自然と、海苔巻きにも身近な魚であるブリやハマチが使われて
鉄火巻、となったようです。
最近は、冷凍の技術が発達して冷凍マグロが出回り、寿司ネタとして
浸透するようになってきています。
ただ、赤身は水分が多く、その水分がシャリに移ってしまい食感が
損なわれる、すぐに色が悪くなるといったマイナスイメージからか、
あまり好んで巻き物に使われることがなかったために、巻物には
白身の魚が使われてきているようです。

長崎のお寿司屋さんで鉄火巻を頼むと「赤にしますか?白にしますか?」
なんて聞かれることもあるようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ