共同生活の楽しさを味わうには「スパニッシュ・アパートメント」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:294
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
共同生活の楽しさを味わうには「スパニッシュ・アパートメント」

スペインに留学したフランス人青年の
心の成長を描く青春ドラマ、
「スパニッシュ・アパートメント」を
見てみませんか?

STEP1

パリで暮らす大学生グザヴィエ(ロマン・デュリス)は、卒業を来年に控えた25歳。父親のコネを使って面会した役所の大物の勧めに従い、就職の内定を確実にするためにスペインのバルセロナへ留学します。はじめは母親に紹介されたアパートへ向かうも、環境が悪かったため、空港で知り合った神経科医のジャン・ミッシェル(グザヴィエ・ド・ギユボン)の部屋に泊めてもらい、アパートを探すグザヴィエ。

ついに彼は、イタリア人のアレッサンドロ(フェデリコ・ダナ)、ドイツ人のトビアス(バーナビー・メッチュラート)、デンマーク人のラース(クリスチャン・パグ)、イギリス人のウェンディ(ケリー・ライリー)、スペイン人のソレダ(クリスティナ・ブロンド)が共同で暮らすアパートを見つけます。

STEP2

グザヴィエが大学で知り合ったベルギー出身の女子学生イザベル(セシル・ド・フランス)もアパートに加わり、賑やかな生活が始まります。グザヴィエにはパリに置いてきた恋人マルティーヌ(オドレイ・トトゥ)がいましたが、イザベルに心惹かれます。しかし彼女はレズビアンなので、彼はジャン・ミッシェルの妻であるアンヌ・ソフィ(ジュディット・ゴドレーシュ)と不倫の関係に。ウェンディの無知な弟ウィリアム(ケヴィン・ビショップ)が訪れた頃、グザヴィエはマルティーヌから電話で別れ話を告げられ、あっという間の1年が終わります。

そしてパリへ帰国したグザヴィエは、役所への初出勤日に建物から飛び出し、作家になろうという夢に走り出しました。

STEP3この映画の続編が、「ロシアン・ドールズ」です。

Photo by すもお
4年後に製作されたこちらでは、30歳になったグザヴィエが留学時代の仲間ウェンディと再会し、テレビドラマの脚本を共同で執筆することになったのをきっかけに交際を始めることに。しかし、彼はゴーストライターの仕事で付いた元モデルでセレブのセリア(ルーシー・ゴードン)とも関係を持ってしまうのです。

浮気に感づいたウェンディにそっぽを向かれるも、彼女の弟の結婚式でロシアを訪れた二人は仲直りをし、再び戻ったロンドンで交際を再開するのでした。

まとめ

監督は、セドリック・クラピッシュです。

必要なもの

スパニッシュ・アパートメント ロシアン・ドールズ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ