平凡な青年が狂気に目覚めるまで「フーリガン」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:522
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
平凡な青年が狂気に目覚めるまで「フーリガン」

ジャーナリスト志望のアメリカ人青年が
ロンドンでフーリガン・チームと知り合い、
危険で陶酔的な暴力の魅力に取り憑かれる青春物語
「フーリガン」を見てみませんか?

「ロード・オブ・ザ・リング」のフロド役のイメージが定着していた温厚そうなイライジャ・ウッドが、狂気のフーリガン役を演じてそれまでのイメージを払拭しています。

STEP1

マット(イライジャ・ウッド)は、ルームメイトにより麻薬売買の罪を着せられ逮捕されてしまいます。卒業を間近にして放校処分となった彼は、居場所をなくし、姉のシャノン(クレア・フォーラニ)を頼ってロンドンへと飛びます。

姉夫婦の自宅に落ち着いたマットは、ある日現れたシャノンの夫の弟ピート(チャーリー・ハナム)と知り合います。ピートは、サッカー・プレミアリーグ「ウェストハム・ユナイテッド」の筋金入りのサポーターでした。高らかに応援歌を歌うピートとその友人たちに触発されたマットは、初めてサッカー観戦をし、たちまち魅了されてしまうのでした。

STEP2

試合後、マットはサポーター同士の悪意に満ちた喧嘩に巻き込まれます。経験したことのない興奮状態のなかで殴られたマットは、魂の底から湧き上がるような快感を覚えていました。

程なくして、彼は自らが「ウェストハム」のフーリガン・ファームのメンバーになってしまったことに気付かされます。ファームの名は、グリーン・ストリート・エリート(GSE)。
ピートが、そのファームのリーダーでした。ファームの目的は、ただひとつ。国中で、最も怖れられる集団となること。そのためには、手段の選択は無用でした。

STEP3

GSEにとっての最大のライバルは、「ミルウォール」のファームでした。彼らのリーダーは、その残忍さで知られるトミー(ジェフ・ベル)。彼は、10年前にGSEとの抗争で息子を亡くしていました。当時のGSEリーダーがファームを辞めて以来、両グループは闘いのチャンスを始終狙い合っていました。

マットはファームのあり方に抵抗を感じつつも、GSEのメンバー間に存在する、まるで兄弟同士のような友情に魅せられていきます。そして腕っ節の強さに誇りを持った彼は、グループへの帰属意識と忠誠心を高め、アドレナリンの高まりに快感を覚えていくようになっていくのでした。

まとめ

監督は、レクシー・アレキサンダー。
2005年制作のアメリカ・イギリス映画です。

必要なもの

フーリガン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ