少しの力で缶詰のふたを開ける方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

すっかり定番になった缶詰のプルタブは、缶切りなしで開けられることで大変重宝します。ところが、指先を怪我したりして、うまくプルタブ操作ができない場合、ふたを開けることは「至難の業」です。ここでは、そういうときに役立つ「少しの力で缶詰のふたを開ける方法」を紹介したいと思います。

STEP1

プルタブのところにスプーンかフォークの柄を入れて、持ち上げるようにすると、ふたの部分が缶本体から離れてきます。

STEP2

今度は、そのスプーンかフォークを缶の隙間に差し込んで持ち上げると、少なくとも缶の半分ほどは開けられます。

STEP3

ふた全部を開けるのは難しいですが、半分くらい開けた状態で中身を取り出します。空になった缶詰の缶は、入念に洗ってから「資源ごみ」として出す準備をします。

まとめ

「てこの原理」を応用した簡単な方法です。ふたを開けるとき、中身が飛び散らないように雑巾の上で行うといいでしょう。
ふた全部を開けてしまうためには大変な力が要りますので、無理に開けないようにしましょう。
瓶のふたの内側についているプラスチック製?のプルタブを開けるときにも応用できます。
指先が使えないとき、余分な力が入って滑ることがありますので、缶のふたで怪我をしないように十分注意してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

スプーンかフォークなど頑丈なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ