FDのデータ消去ができないときは!?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1620
  • ありがとう数:0

はじめに

きょうび、FDを記憶媒体として使っている人は少ないかもしれませんね。しかし、FDはデータを消去して繰り返し使えることで大変便利で、根強いファンもいます。しかし、その頼みの「データ消去」がある日突然できなくなった……!? ここでは、そんなときの対応方法の一例をご紹介します。

STEP1

FDのデータ消去は「マイコンピュータ」や「マイドキュメント」から入ると、早く目的地にたどり着くことができます。
消去予定のデータを「右クリック」して表れるダイアログボックスから「削除」をクリックすると、通常は消去が完了します。

STEP2

ところが「右クリック」して表示させたダイアログボックスの項目に「削除」がない……。メニューバーの項目にも「削除」が黒字で表示されない……。そういう状態になると、もはやデータの削除は不可能です。ちなみに、その状態のときは「名前の変更」もできなくなります。

STEP3対処法:その1

ほかのFDを入れ直して、データ消去ができるか確かめてみます。ほかのFDを入れて問題なく消去ができれば、最初に入れたFD自体に問題がある可能性が高くなります。

STEP4対処法:その2

FDの左下にある爪の部分を確認しましょう。通常は黒くみえます。しかし「消去防止」のために動かしていると、その部分が右下の爪と同じく空洞になっています。つまり、データ消去できないようになっているのです。
左下の爪をスライドして元に戻すと、通常通り「データ消去」ができます。

まとめ

「消去防止」にセッティングしているFDに保存するときには「ディスクA:は書き込み禁止になっています」のメッセージが表示されますので、気付くのが早いです。
しかし「データ消去」する場合は、そのようなメッセージが出ないので気付きにくいです。
データ消去できない場合、FDの左下の爪を確認することをお勧めします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

FDの左下の爪を確認 

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ