次の人が仕事をやりやすくなるように仕事をしなさいと。

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

社会に出たときに先輩や上司から教えられた事は、次の人が仕事をやりやすくなるように仕事をしなさいというようなことでした。それから10年以上社会に出ていて、ここ何年かすごく感じることなのですが、そう言った感覚で仕事をしている人って少なくなった気がします。「それって確認した方がよいのでは?」と言った事もあるのですが、「あ~・・ 誰かがやるんじゃない?」という答えが返ってきたりしたこともありました。

STEP1

成功者と言われる人は、出張のホテル先でも部屋を出る時にはきちんと整えて発つ、後にルームメイキングをする人の負担を軽くするため。

STEP2

人から見えないところでもきちんと自分を律することのできる、そこには自分の品位を落とさない、卑しいことはしないという高いプライドを持っていることです。

STEP3

普段の生活面でもそうですから、こういうことも仕事面に当てはめてみますと、次に受ける人のことまで考えて肝心なところはしっかり抑えて手抜きをしない、且つ細かい配慮の行き届く人がバリバリ仕事が出来る人ではないでしょうか。

STEP4

普段の生活面でもそうですから、こういうことも仕事面に当てはめてみますと、次に受ける人のことまで考えて肝心なところはしっかり抑えて手抜きをしない、且つ細かい配慮の行き届く人がバリバリ仕事が出来る人ではないでしょうか。

まとめ

いろいろ逆発想で考えてみましたが、更に話を進めてみますと、「立つ鳥 後を濁さず」ですとか、「負けて得取れ」など、地で実行されているような人には、一見クール、一本筋が通っているような気がしますね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ