節約疲れ?でも続けてほしいエコ生活。続けるには?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:440
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
長引く不況の自衛手段として始まった「節約生活」でも、昨年あたりから、「節約疲れ」という言葉が出始めているといいます。

超賢い企業のメーカーさんは、それにあせてすでに戦略路線をかえているようです。

STEP1

数年低迷していた外食産業も、昨年(10年)は2年ぶりに前年度を上回ったといいます。

僅か景気が回復し始めたからなのか、消費者が節約に疲れて財布の紐が緩み始めたのかどうかは、意見が分かれるところだそうですが、とにかく節約生活は限りをみせ始めたようです。

この消費者の傾向を、賢い企業が早速感知して、経営路線の方向転換をしないわけがありません。もうすでにその流れは始まっているようです。

STEP2

外食産業の低価格競争の恩恵を受け、安く食べられた牛丼もまた値段が上がってしまうのでしょうか?

資生堂やカネボウ他、一流企業の化粧品も安く変えると喜んでいた主婦ですが、また高い化粧品へと変わってしまうのでしょうか?

ほとんどの企業で、経営路線の方向転換は、もうすでに始まっているようです。

STEP3

化粧品のメーカーも、ここ何年かは高級化粧品と、安い価格の化粧品の両極端の物が売れ、売れ筋の中間の物が振るわなかった傾向を単に「価格が高い」「高級」のみが売りではなく、「ワケあり」を強調して、中間の価格帯の化粧品を投入しているようです。

STEP4

気になる化粧品のメーカーもすでに流れを変えているようですが、「価格が高い」「高級」のみが売りではなく、「ワケあり」を強調して、中間の価格帯の化粧品を投入しているという「ワケあり」のワケがイマイチわからないでいます。

様々な消費の傾向はさておいて、必死の節約お陰で実践できたエコ生活だけは、続けてもらいたいものですし、ぜひ続ける必要があると思います。

消費の傾向は変わっても、物や資源を大切にする傾向は続けてほしいものです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110216-00000000-diamond-bus_all

上記URLに、詳しい情報が載っています

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ