毛穴の中には汚れは入らない?!!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:589
  • ありがとう数:0

はじめに

よく毛穴の汚れまで落とした方がいい!と言われますが、
実際には毛穴の中に汚れがはいり込むことはないそうです!

STEP1★ 『「泡洗顔」をやめるだけ!』(講談社)

   吉川 千明 著

洗顔料でゴシゴシ洗わない洗顔法です。

スキンケアの基本は洗顔であることは間違いありません。
メイクや汚れが残っていたらニキビや吹き出物の原因になり、
老化を早めてしまうので、もちろんしっかり落とすべきです。
ただし、同時に肌の水分を保つようにすることにポイントをおいて
さっぱりさせるのはNGです。

STEP2★ お肌の自力

肌は自分でうるおい成分をつくり出し、乾燥などの刺激から守っています。
メイクや汚れを落として清潔に保つことはもちろん大切ですが、
朝、自然のうるおい成分に満たされた肌を、
強い洗浄成分で洗い流すのは必要ありません。

朝はぬるま湯で軽く流す程度で十分OK!
それだけで肌の自然な美しさを保つことができます♪

STEP3★ 毛穴

よく毛穴の汚れまで落としたほうがいいとかいわれますが、
実際には毛穴の中に汚れがはいり込むことはありません。

ただし、
汚れが残ると毛穴にふたをして、ニキビやくすみの原因になることは確かです!!

メイクや汚れは、油分のあるクレンジング剤を丁寧になじませて溶かすことで
きれいに落とすことができます。
それくらいで十分OKです♪

STEP4★ 角質除去はNG

肌の表面の角質をそぎ落とそうとして洗浄力の強い洗顔料で繰り返し洗ったり、
ピーリング剤を使うと、かえって肌を傷めてしまいます。

角質を落としすぎると、カサカサに乾燥して肌トラブルが起きやすくなってしまいます。
肌の美しさは、角質層の美しさでもあるんです。

美容の常識は日々変化しているようで、おどろきますね><;;

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ