秘境の部族がサッカーチームを作ったら「アフロサッカー」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:841
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by すもお
秘境の部族がサッカーチームを作ったら「アフロサッカー」

借金まみれの元サッカー審判がジャングルの奥地で
驚異の身体能力を持つ部族と出会い、
ひと山当てようとサッカーチームを結成する物語、
「アフロサッカー」を見てみませんか?

やはりコメディの「少林サッカー」を思わせる、楽しい映画です。

STEP1

サッカー賭博で作った借金を理由に辞職させられた、元サッカー審判パオトゥー(ポンパット・ワチラバンジョン)。都会を離れタイ南部の村に逃げ延びた彼は、サッカーで村のチームと対戦しているサガイ族のプレーに魅了されます。

まったく自覚はないのに、彼らはずば抜けた運動能力とサッカー・テクニックを持っていました。折しも、バンコクで開催される国王杯が開かれようとしているところ。これに出場し、優勝賞金をモノにしようと考えたパオトゥーは、彼らと長を説得しにかかります。

STEP2

三度の飯より女の子が好きで、ハンサムだと思い込んでいるフォワードのガスー(コムサン・スィーターントー)、誰よりも足が速いのに臆病なディフェンダーのルークヤーン(アタポン・トーンコン)、そして、サガイ族の長の息子でキャプテンのマムアン(サムリット・マイケルセーン)など、各選手の個性がチームを輝かせるこのメンバー。

ちょうどその頃、サガイ族は謎の疫病に襲われ、長は国王杯の優勝カップが部族を救うと信じていました。パオトゥーは自ら監督兼マネージャーとなって、「サガイ・ユナイテッド」を結成するのでした。

STEP3

生まれて初めて、故郷から遠く離れた彼らは、やがてトーナメント初日を迎えます。全員が低い身長にアフロヘアの彼らが、目を見張るようなスーパー・プレイを披露する姿に、多くのサッカー・ファンは衝撃を受けます。彼らは一躍時の人となり、マネージャーでもあるパオトゥーのもとに大金が転がり込みました。さらにメンバーたちは、女性関係やドラッグなど、都会の甘い誘惑にハマり堕落していきます。しかし一方で、イレブンは強い結束力を武器に、順調に試合を勝ち進んでゆくのでした…。

まとめ

監督は、ソムチン・スィースパープ。
2004年制作のタイ映画です。

必要なもの

アフロサッカー

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ