字が苦手でもきれいに見せるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:742
  • ありがとう数:0

はじめに

きれいな字を書けるようになる事は
簡単な事ではありません。
長年の癖を直す事もなかなか…。
でも、ポイントを押さえる事で
きれいな字に見せる事ができるそうです!

STEP1 きれいな字を書く為には、正方形の中に字をおさめるよう意識

するとよいそうです。確かに、縦長や横長になってしまうとバランス
の悪い字に見えがちです。子供の頃「書写」の時間には、字を書く練習
をする時に正方形のマスを使ってました。正方形に収めるように字を
書くと言う事はなるほど、理屈に合っていますね。

STEP2 きれいな字に見せるにはバランスに気をつける事も重要です。

言葉での説明はちょっと難しいのですが、上下・左右のバランスに注意
するときれな字に見えます。正方形のマスに自分の字を書いてみて、
十字線を引いて見るとバランスの良し悪しが分かると思います。
お手本となる字を用意して十字線を引き、自分の字と比較するのも
さらに良いでしょう。
 基本的に、縦画は真っ直ぐ、横画は多少右上がりに書くときれいです。
また、「善」など横画の多い字は、横棒の間隔をそろえるときれいに
見えるそうです。

ポイントを挙げるとキリが無くなるのですが、見た目のバランスを意識する事も字をきれいに見せるコツのようです。

STEP3

 きれいな字に見せるには、文章全体の文字の大きさも意識すると良い
そうです。漢字もひらがなもカタカナも全部同じ大きさで書いてしまうと、
バランスも悪く読みづらいし、美しく見えません。
 漢字に対して、ひらがな・カタカナは7割~8割程度の大きさで少し小さめ
に書く事を意識するときれいな文章に見えるそうです。
 
基本のポイントを押さえながら、自分の個性をプラスする事で字をきれいに
見せる事ができるということです^^

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ